ゆるりとメモり

ゆるりとメモリ

怠け者が怠け者なりに頑張るブログ。でも怠けがち。

“ゆるりとメモリ”

【映画原作】こうの史代『この世界の片隅に』|広島県呉市が舞台、ほっこり可愛いマンガがクラウドファンディングで映画化することになってた

こんにちは、Yuhです。

今回は、漫画の紹介です!

『この世界の片隅に』

今回は、『この世界の片隅に』を紹介していきます。

この世界の片隅に(前編) (アクションコミックス)

この世界の片隅に(前編) (アクションコミックス)

 

彼女が広島県呉市から帰ってくるときに衝動買いしたらしく、その日に貸し与えられたので読んでみました。

このマンガは戦時中に、ある女の子(すず)が広島県呉市に嫁いでいくお話です。ドジっ子だけど真っ直ぐなすずが頑張っている様子が可愛いらしい!

また、ところどころにお笑い要素もあってコメディみたい。気軽にサクサク読めます。

さらに、嫁いでいくことの苦労や戦時中の貧しさといった時代背景も知ることができるので、単に楽しむ以上のものもあるかもしれません。

まだ前編しか読んでいませんが、これを読んでみて

「すず可愛い!」

と思いました。とにかく愛らしいので、癒やされたい人はぜひ見てみてください。表紙の絵も魅力的。

でも、当時のお婿さんの家にいって、その家でのルールに慣れていかなければならないことがそもそも

「めんどくさ!」

と思いながら、現代に生まれてよかったなと思いました(男だけど)。

読んでから調べてみたら映画化が決まってた! 

調べてみると、クラウドファンディングで映画化が決まっていました!

しかも、この記事にあるようにたった8日で2000万を集める人気ようです。

クラウドファンディングってこんなチカラがあるんですね!言葉では聞いていたけど、実際にどのようなものになっているのかをこれまであまり知らなかったので、ひょんなきっかけでクラウドファンディングを身近に感じる事にもなりました(笑)

ちなみに、このサイトでクラウドファンディングをしたようです。

※このクラウドファンディング自体は、2015年に行われていて現在は終了しているようです。

映画の公開は2016年秋

映画の公開はまだされておらず、2016年の秋公開予定です。

公開されるまでに、残りの後編も読みたいなと思います。楽しみ!

この世界の片隅に(後編) (アクションコミックス)

この世界の片隅に(後編) (アクションコミックス)