ゆるりとメモり

ゆるりとメモリ

怠け者が怠け者なりに頑張るブログ。でも怠けがち。

“ゆるりとメモリ”

【おすすめ】Pocketを活用してニュースなどネットに氾濫する情報を効率よく集めて貯めておく方法

f:id:YuhPhoto:20160503105454p:plain

こんにちは、Yuhです。

みなさん、ネットでニュースを見たり、必要な情報を調べたりしますよね。でも後で【この前調べたやつ何だったっけ?】ともう一回調べたり、結局何だったかわからなくなってしまうなんてことはありませんか?

そこで、情報を集めるだけでなく、確実に貯めておける自分流の方法を紹介します。

情報をどのように扱うか

f:id:YuhPhoto:20160503105350p:plain

情報は、【収集】【蓄積】【共有】の3つの段階にわけて扱うと良いと思います。

情報収集

いくらネット上に情報が氾濫していても、完全に無視するということは基本的にないですよね。その中から自分のほしい情報を探し、集めてくると思います。

情報蓄積

しかし、情報はあらゆるところに落ちていますよね。1つのブログなどであれば、そこを再び訪れればすぐに同じ情報にたどり着くことができますが、あらゆる情報媒体を見ている場合、すぐに何処にあったかわからなくなってしまいます。ですので、自分が見やすい形で、情報を一括管理して溜めておくことが大事です。

情報共有

昨今、誰しもが情報共有ができる時代です。せっかく知った情報を皆に共有したいという人も多かれ少なかれいると思います。また、知った情報に自分の感想や解釈を加えて共有することで、自分の理解を深められるメリットもあります。

僕自身も気になったものは、一言でも感想を加えてTwitterに投稿するようにしています。プラスかマイナスかだけでも、情報に対して解釈を持つことは重要だと思っています。ですが、そんな自分本位の投稿でTLが埋まってしまい不本意に感じる人もいるかもしれません。適宜フォロー・アンフォローしていただければ幸いです。

実際の情報処理の流れ

僕の独自の流れを以下の図にまとめました。

f:id:YuhPhoto:20160503105934p:plain

まず、情報収集の媒体でタイトルを見て良いなと思ったものをとりあえずPocketに貯めていきます

そしてしばらく貯めた後に、Pocketを開いて、情報を見ますPocket上で必要/不必要やラベル分けが出来るので便利です。

そして気が向いたら、Twitterに即時共有をしたり、後々参照してブログにまとめたりします

以下、各部分について詳細を書いていきます。

情報収集

情報収集は、みなさんがこれまでお使いの情報収集サイトやアプリをそのまま使います。自分好みの情報媒体でこれまで通り情報を集めてください。この方法ですと、基本的にどんな情報媒体であっても対応することができます。

情報蓄積

f:id:YuhPhoto:20160503110829p:plain

ここが一番要です!情報蓄積には、【Pocket】というサービスを使います。PCブラウザでもスマホのアプリでも使うことができます。

情報収集のところでも書きましたが、iPhoneであれば基本的にどのアプリからでもPocketに保存していくことができます。(ごめんなさい、Androidでもできるとは思いますがわかりません...)

f:id:YuhPhoto:20160503111122p:plain

この画面を出して、Pocketを選択すれば、それだけで保存ができます。気になった情報を何でもかんでもとりあえず突っ込みましょう!その時は気にならなくても、この前見たやつなんだっけ?と後から気になることがあるので、目に止まったものはすぐ入れます。

情報共有

そして、Pocketにて情報を見ていく中で、気になるものがあればTwitterやFacebookに共有していきます。これは好き好きなのでお任せします。

まとめ

今回、Pocketを中心とした僕が今している情報の整理の仕方を紹介しました。何かアドバイスが有りましたらぜひ教えて下さい。

ちなみに、Pocketはただ情報を蓄積するだけではなく、情報を共有するSNSでもあります。ですので、Twitterに外部共有しているだけで、同時にPocketというSNSにも投稿されている形になります。あとで自分のコメントも含めて閲覧した記事を参照するにもかなり良いサービスだと思います。

ですが、現状ではPocketをやっている人が回りにいないので少し残念です。これから、Pocketを利用していく人が増えると嬉しいです。