ゆるりとメモり

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりとメモリ

怠け者が怠け者なりに頑張るブログ。でも怠けがち。

“ゆるりとメモリ”

混み合っている高田馬場でさり気なく空いている座れるたい焼き屋さん|鳴門鯛焼本舗 高田馬場店

こんばんは、Yuhです。

今回は、いつも混み合っていて座って話すところがない...なんて時におすすめの高田馬場のたい焼き屋さんについて書きます。

鳴門鯛焼本舗 高田馬場店へのアクセス

まずお店までの地図はこんな感じ。

f:id:YuhPhoto:20160709212144p:plain

      (店舗案内 - 天然たいやき!鳴門鯛焼本舗より)

高田馬場から歩いて10分しないところにあります。高田馬場から早稲田通りの左側を歩いて行くとこんな感じの佇まいのお店が見えてきます。

f:id:YuhPhoto:20160710165305p:plain

この感じだと一見、買ってお持ち帰りするテイクアウト形式のお店にしか見えません。ですので、実際にほとんどのお客さんは買って帰っていきます。

ですが!実際には右側にさりげなくドアがあり、そこから階段に登って行くと、座って食べていけるスペースが用意されています!

この見てくれに騙されて殆どの人が利用しないので、人の多い高田馬場のどまんなかでもほとんど貸切状態で利用できるところが最大のメリットです!

実際にそのスペースを見てみましょう

こんな感じになります。

f:id:YuhPhoto:20160709212818p:plain

中々の広さで、フキンと消毒液が用意されています。必要最低限でありながら、清潔感を感じさせるかなり好印象な空間です。掘りごたつみたいに足が下に入れられるところも地味にポイント高いですね。

そして、右の方にちらっと見えるかもしれませんが、何故か階段上がって最初にアンパンマンがお出迎えしてくれます。

f:id:YuhPhoto:20160709213010p:plain

この不思議なお気遣いがなんともいえません。因みにアンパンマンを探せも置いてありました。

※参考画像

アンパンマンをさがせ!ミニ〈1〉

アンパンマンをさがせ!ミニ〈1〉

 

肝心のたい焼きは?

これまでお店のスペースについてしか話してきませんでしたが、たい焼き屋さんなので、その売りであるたい焼きはどうなんでしょう。

そのたい焼きもかなりのものです!チェーン店で全国に展開されているものではありますが侮れません!

f:id:YuhPhoto:20160709213411p:plain

透けて見えてしまうほど、たっぷり詰まった程よい甘さのつぶあんが最高です。外側はパリパリなので、食感でも楽しませてくれます。

ちなみにお値段は1個160円とかなりお手頃で、コーヒーも1杯100円で売っているので、その辺の混んでいるカフェで300円ほどのコーヒーを1杯頼むよりもゆっくり楽しめるかもしれませんよ!