ゆるりとメモり

ゆるりとメモリ

怠け者が怠け者なりに頑張るブログ。でも怠けがち。

“ゆるりとメモリ”

【レビュー】新型MacBook Proは持ち運びもできるメインマシンに!〜Touch Barよりもキーボードが魅力的

f:id:YuhPhoto:20161029111608p:plain

先月お亡くなりになったMacBook Airの代わりに
新型MacBook Pro(13inch TouchBarなし)を買ってきました。

久しぶりのコンピュータのある生活が快適すぎて、
爽快にぱちぱちとキーボードを叩いてます。

新型MacBook Proとは

きっと色んな所に仕様情報が出回っているので、見てみてください。
僕は個人的な感想を書いていきます。

www.apple.com

www.itmedia.co.jp

MacBook Proを買った理由

f:id:YuhPhoto:20161029102545j:plain

パソコンを使うのは写真とプログラミング程度なので、
僕にとっては携帯性が再重要です。

そして写真をいじるためにそこそこスペックがあってくれればいいな
と思ってパソコンを選びました。

似たような用途でパソコンを探している人には参考になるかと思います。

(※もう一度いいます、Touch Barがないやつを買いました!)

かなり軽い!

これまでMacBook Proは薄くなり軽くはなってきてはいましたが、
やはり持ち出しにはそれなりの重量感がありました。

ですので、持ち出すにはMacBook Airというほうがいいという方を多かったように思います。

ですが、ついにこのMacBook ProはMacBook Airの13inchとほとんど同じ重さです。

ですので、MacBook Airの軽さとMacBook Proのかっこよさ(ベゼルが黒いとか)
を兼ね備えた程よいポジションのMacだと思います。

MacBook 12inchよりこっちを選ぶ(キーボードの質感)

f:id:YuhPhoto:20161029105246j:plain

用途が写真とプログラミングなので、MacBookの12inchとかなり悩みました。
スペック的には問題無いとも思いましたし、軽さは何より魅力的...。

でも値段の割にスペックが少し気になるところと、
バタフライキーボードがどうも好きになれませんでした。

MacBook ProでもこれまでのProより薄いキーボードが採用されていますが、
打鍵感が違います!

浅くて薄い感じは似ていますが、押したときの感じが最高です!
素早く打ちやすい、でも程よい音と感触が返ってきます。正直コレが決め手でした。

MacBookに+2万円出せばより高いスペックとより良い打鍵感が手に入ります。
このブログを書いているときもキーボードを叩いているだけで少し楽しい。笑

操作の速さ

昨晩盛大にソフトウェアインストール祭りをしたので、
Adobe系と日常使いする便利ツールをボコボコと
それなりに負荷をかけて導入していたのですが、
動かなくなるということは殆どありませんでした。

でも排熱はそこそこあります。アルミボディなので、
底のあたりは良い熱さになりますね。でも止まることはありません。

Lightroomに写真を読み込むと落ちるという問題が最初ありましたが、
OSを更新したら治りました。

挙動が少し不安ないくつか瞬間はありますが、
きっと大体OSの問題なんだと思います。

Thunderbolt 3(USB-C)が2つなところは問題なし!

Touch BarなしのMacBook ProにはThunderbolt 3が2つついています。
AppleのThunderboltの規格とUSB-Cの規格は同じもののようです。

今普及しているUSB-Aは一切ついておらず、
充電からHDDまで全部この2つのUSB-Cで賄う必要があります。

新しい規格で使いづらいのかなと思っていましたが、
1つUSB-Cのハブがあれば事足ります。

むしろこのハブにUSB-A機器(HDDとか)、充電器、HDMI(デュアルモニターに使うので)を繋いでおけば、このUSB-C1つをつけたり外したりするだけですべての接続ができるので、むしろ便利です!

MacBook ProはMacBook Air 13inchとほぼおなじ重さで持ち運びもかなりかんたんです。

家では必要なものを繋いで、外に持ち出すときにはさっと邪魔者を外せるという環境はかなり捗りそう。

むしろ今1つの端子で事足りているので1つ余っている状態です。

Touch Barなしについて

個人的にはTouch Barはいらないと思います。Touch Barなしモデルをヨドバシカメラで即買いしました。

ファンクションキーを自分でカスタマイズしたほうが(まだ対応しないソフトウェアを使うことが多そうなので)便利だと思います。

おそらくTouch Barが一番もてはやされ、一番魅力的な点かと思います。

ですので、Touch BarなしのMacBook Proはただのマイナーチェンジで16万も出して買うものではないと思うかもしれませんが、
薄く基本的なことが快適にこなせる洗練されたMacを担っているのではないかと個人的には思います。

Touch Barちょっと使ってみたいですけどね。そこは、お財布との相談です。

まとめ

高いです。16万も出すとは思っていませんでした。

家で腰を据えても使えるし、持ち運びもできるし、長く付き合えるいいMacだと思っています(いや、思い込もうとしています)。

Touch Barなしもかなりありですよ!(かなり下火ですが)

 でも、値下がりしたこれまでのモデルも人気らしい(ヨドバシの店員さん談)