ゆるりとメモり

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりとメモリ

怠け者が怠け者なりに頑張るブログ。でも怠けがち。

“ゆるりとメモリ”

スピーカーをワイヤレス化してコードの煩わしさから解放される方法|Aukey BR-C1

スピーカーにパソコンやスマホをつなぐとき、こいつを使いますよね。

3.5mmのオーディオケーブルを使うときに差して、音楽や動画をこれまで流してきました。

しかしいかんせん、その時々によってiPhoneに差したり、Macに差したりするので、そのたびに差し替えるのがめんどくさい。

しかも、スピーカーのある場所に持っていかなきゃいけないので、Macで映画を見るときには場所が結構限られてきます。

だから、結局スピーカーを使わずに見るなんてこともしばしば。。。

そこで、今使っているスピーカーをワイヤレス化してみました。

お手持ちのスピーカーをワイヤレス化してみる

どれがお手頃か調べてみて、今回はこちらを参考にさせていただきました。

スペックなどの詳細はこちらを参照すると良いと思います。

Bluetoothレシーバーを手に入れる

Bluetoothで音声を受信できるデバイスを購入します。

そして、ここにスピーカーの3.5mmオーディオケーブルを差してしまえば、あっという間にワイヤレス化が完了です! 

今回は、参考にした記事でも紹介されていたとおり、こちらの商品を使用しました。

2000円と他の商品と比べてかなりお手頃価格です!

f:id:YuhPhoto:20170118155837j:plain

なかなかシンプルな中身

f:id:YuhPhoto:20170118155705j:plain

こんなアクセサリーとなっています。

f:id:YuhPhoto:20170118155811j:plain

Bluetoothレシーバーをスピーカーにつなげる

簡単です。このように3.5mmオーディオケーブルと充電用のUSBを接続するだけです。

f:id:YuhPhoto:20170118160448j:image

次に、Bluetoothのペアリングです。

このまんなかのボタンを長押しすると、Bluetoothのペアリングを探す状態になるので、あとはスピーカーとつなぎたいデバイスから設定をしてしまえばすぐに使えます。

あとはそのまま、配線収納ボックスなどに入れてしまえば、もうほとんど意識する必要はありません!

f:id:YuhPhoto:20170118160451j:image

これで、コードを意識しないストレスフリーな生活が実現です!

複数のデバイスでもすぐ切り替えられる

さっそく幾つかのデバイスで試してみました。

どうやら同時に複数のデバイスを接続することができるようです。

ですので、MacとiPhoneで同時に接続したとしましょう。iPhoneで音楽を流している場合は、iPhoneの音が流れます。ですが、そこでMac側から音声を再生(YouTubeを流すなど)すると、Mac側に切り替わります。Mac側から音が来ていないと判断すると、iPhoneからの音声を流します。

デバイスとの接続が切れたとき/繋がったときにそれぞれ音が出るようになっているので、いちいちBluetoothレシーバーを確認しに行く必要もなさそうです。

切り替えはなかなかスムーズで、これからも快適に使っていけそうです。

ですが、どのデバイスともBluetoothが接続されていないと、自動で電源が落ちてしまうので、その場合だけ自分でボタンを押しに行かなければなりません。