ゆるりとメモり

ゆるりとメモリ

怠け者が怠け者なりに頑張るブログ。でも怠けがち。

“ゆるりとメモリ”

老後のバカンス気分を味わうならバリ・サヌールがおすすめ!

f:id:YuhPhoto:20170709182145j:plain

定年まで働いて、老後は南の島でゆっくり暮らしたいなぁと夢見ている人は少なくないのではないでしょうか。

そんなイメージにピッタリの場所がバカンスで人気のバリ島にあるので紹介します!

バリ島とは

バリ島は言わずと知れたバカンスに人気の南の島ですが、実はインドネシアという国にあることはあまり知られていないのではないでしょうか。

イスラム教徒が90%を占めるインドネシアですが、バリ島に限ってはほとんどはヒンドゥ教徒が住むエリアとなっています。加えて、世界各国から観光客が来る観光地ということもあり、とてもインターナショナルな空間となっているので、外国から来た人にも馴染みやすい地域となっています。

ですが、一口にバリ島と言ってもエリアによっても雰囲気が結構違います。

→ 詳細はこちらの記事を

www.yuru2memo2.com

その中でも、「老後のバカンス気分」のイメージに近い場所として、サヌールという場所を紹介します。

サヌールの魅力 

ビーチを眺めながらのんびりできる穴場ビーチ 

f:id:YuhPhoto:20170709183639j:plain

バリ島はやはり世界各国から観光客が集まる人気リゾート地です。シーズンにもよりますが、人がごった返すエリアももちろんあります。

一方、このサヌールは観光客よりは現地の人に愛されるビーチのようです。バリ島がリゾート地として有名になった当初に有名だった場所でも有るらしいのですが、今はたいへん落ち着いた場所となっていました。

f:id:YuhPhoto:20170709183644j:plain

新しすぎて人がいない豪華で格安な穴場ホテルを発見!

www.yuru2memo2.com

ビーチ沿いにたくさんおしゃれなお店がある

f:id:YuhPhoto:20170709184850j:plain

人は少ないのですが、ビーチ沿いでご飯を食べられるお店がたくさん並んでいます。

僕はインドネシア料理が好きなのでこういうものをいつも注文してしまいますが、ピザとかも割りとあります。なぜかバリ全体でもイタリアンを名乗るお店が多かった気がします。

朝陽がきれい(東側にあります)

f:id:YuhPhoto:20170709184116j:plain

もう一つの魅力は朝陽です!

誰もいないきれいなビーチからみれる朝陽は最高です!

というのも、このサヌールがバリ島の東側にあるからなんです。

おそらく人気で多くの観光客が訪れるクタ・スミニャックといったエリアは西側にあるので夕陽で有名ですが、やっぱりごった返しているんですよね。

バカンスでゆったり気分を味わうなら断然サヌールです。

f:id:YuhPhoto:20170709184347j:plain

(この人の少なさ!)

サヌールで気になるところ 

もちろん、良いところばかりではありません。いくつか気になるところもあります。

ビーチでゆったり意外にやることがない

人がいないということの裏返しではありますが、基本的に何もありません。

ですが、タクシーで他のエリアから10〜15分で来れてしまうので、そんなに気にすることではないかなと思います。

夕方くらいにホテルに来てビーチを散歩して、ビーチ沿いでご飯を食べて早めの就寝。そして朝陽を眺めながらゆっくりして気が済んだら次のエリアに移動という風に自分はしました。

こうすれば、このデメリットは問題ないかと思います。

ちょっとビーチが汚い

上の写真は良さげなところを良さげに写し取ったところがあります(すみません、騙すつもりはありません)。。

f:id:YuhPhoto:20170709183646j:plain

ちょっと引いてみると砂浜にわかめ?などの海藻が落ちています。あと砂もサラサラ!という感じではなく少し大きく痛いところもあります。

見渡す限りビーチビーチ!という感じではないのがちょっと気になるところですね。

ローカル感がある

f:id:YuhPhoto:20170709185758j:plain

まぁ他の国に来ているのでその国の色があるのは当たり前ではあります。写真にも少し写っていますが、いたるところで凧を上げている人がいます。東側では常に南から北への風がそれなりに強く吹いているようなので、凧揚げがし易いということなのでしょうか。

異国での洗練されたバカンス!を期待していると少し違う感じがしてしまうかもしれないですね。

それでも、自分は好きでした。観光客が賑わっている中に混ざるよりも自分の楽しみ方でのんびりできる方が個人的には好きですね。

まとめ

老後の南国バカンスを夢見ている方は、ぜひ一度サヌールを訪れてみて下さい。穴場スポットで自分だけのリゾート気分を味わってみるのも良いかもしれませんよ。