ゆるりとメモり

ゆるりとメモリ

怠け者が怠け者なりに頑張るブログ。でも怠けがち。

“ゆるりとメモリ”

バリ島に行くならおさえておきたいビーチ4選

南の国のリゾート地の1つとして有名なバリ島。そろそろやってくる夏休みの間に行こうかな、と計画している人も多いのではないでしょうか。

でも、一口にバリと言ってもいくつかビーチエリアがあります。バリ旅行へ言ったあとに「こんなところもあったのか!」とあとから後悔しないように、目的別にビーチを紹介したいと思います!

メジャーなビーチは網羅できていると思うので、自分のイメージにあったビーチでぜひバカンスを謳歌してみて下さい!

クタ:ビーチ・パーティ・ショッピングのトータルパッケージ

f:id:YuhPhoto:20170709202621j:plain

クタはバリ観光の中心地と言っても過言ではありません。バリで楽しめることは基本的にそろっています。

実際に他の地域に比べてもとてもたくさんの観光客で賑わっています。

そんなクタの特徴はこんな感じです。

オシャレで賑やかな店が多い

というのもアップテンポな音楽がかかっているお店がビーチ沿いに所狭しと並んでいます。そんなお店でビールを片手に仲間と談笑。なんとも優雅なバカンス気分。といった感じです。

どちらかというと西洋の観光客が気に入りそうな雰囲気があります。インドネシア人の店員さんも音楽に合わせてノリノリにダンスをして場を盛り上げたりなど、結構楽しそうでした。パーッとバカンスを満喫したい人におすすめです!

観光客がすごく多い

f:id:YuhPhoto:20170709203032j:plain

クタは「beachwalk」というモールを始め、多くのショッピングスポットが集結しています。それもあって多くの観光客がここを拠点としてバリを満喫しているようです。

ですがその分このエリア自体も「外国人慣れ」しているため、英語や日本語で殆どのことがこなせてしまいます。海外にあまり慣れていない方にもとても過ごしやすいエリアかと思います。

物価が高い

f:id:YuhPhoto:20170709204129j:plain

外国からの観光客が多いエリアなので、自然と物価が高いエリアとなっています。

インドネシアでは、イタリアンなど西洋の食べ物は(ファーストフードであっても)基本的に高めの価格になってきます。ですので、何を食べたり買ったりするにしても高くつくかと思います。ですが、高いと言っても日本でものを買うのと同じくらいなのでそこまで気にしなくても良いかもしれません。あまりケチケチせずおおらかに行きましょう。

 

スミニャック:中心から少し外れた穏やかエリア

f:id:YuhPhoto:20170709204839j:plain

クタからタクシーで5分ほど北に行ったエリアです。中心地にもすぐいけますし、個人的には行動拠点にしたいエリアです。

ホテルが安めで良いところが多い

少し中心地から離れている分、料金もリーズナブルとなっている感じがします。

5000円とかでも2人泊まれる良さげな部屋があったりするのでぜひ探してみて下さい。

人が少なめで落ち着いているビーチ

クタからは離れていますが、スミニャックはビーチに沿って北側に移動したところに位置しています。ですので、スミニャックにもビーチがあります。

ここは比較的人が少なく落ち着いています。西向きのビーチなので、夕陽も見れます。

ビーチ沿いに南へ歩いていけばクタのビーチにそのまま行けます。

ローカルショッピング

f:id:YuhPhoto:20170709205850j:plain

クタではショッピングモールを始めとして世界的なブランドの買い物ができますが、スミニャックではローカルなお買い物ができます。

上の写真のような通りの両脇にお店が並んでいて、気になったものに入っていく感じがおすすめです。

服や水着、小物などいろんなものがあります。ブランド物と違ってここでしか出会えないものも有るかもしれないので、バリならではのものを買うならスミニャックに来るのが良いじゃないでしょうか。

 

サヌール:老後のバカンス

f:id:YuhPhoto:20170709183644j:plain

老後にビーチで本でも読みながら優雅に過ごしたい!というイメージに一番近いビーチだと個人的に思っています。

観光客が少ないローカルなビーチ

f:id:YuhPhoto:20170709184347j:plain

観光客だらけで賑わっているのも楽しいですが、どこか南国でゆったり優雅なバカンスとは違うような...と思っている方にはおすすめの場所です。

ビーチがあまりきれいではない

息を呑むほどビーチがきれいというわけではありません。砂浜もキメの細かいサラサラのところもあればそうでないところもあります。ですので、見渡す限りスキのない絶景とはいきません。

ですが、ビーチ沿いにゆったりできるレストランとかはちゃんとあるので、のんびり過ごしたい人にはおすすめです。

→ 詳細 

ヌサドゥア:マリンスポーツ × プライベートリゾート

ヌサドゥアの特徴はこの2つです。とてもわかり易い特徴的な場所です。

マリンスポーツの聖地

マリンスポーツをするならヌサドゥアです!ガイドブックでもタクシーのおじちゃんも声を揃えてヌサドゥアと言ってきます。

定番のバナナボートからパラセイリングまでできます。スキューバダイビングもここでできるそうです。

事前にネットで予約してもいいですし、ビーチに突撃してその場でやりたいとお願いしてもすぐやらせてもらえます。ですが、観光客慣れした現地の人とのやり取りになるので価格交渉やそういったやり取りに自信がない人はネットで予約してしまったほうが無難だと思います。

すべて完備のプライベートリゾート

f:id:YuhPhoto:20170709211525j:plain

マリンスポーツができるエリアとは別のところにビーチに併設されたホテルが並んでいるエリアがあります。このエリアは基本的にエリア内のホテルに宿泊している観光客しかいません。ホテル前のビーチもホテル宿泊客のためにチェアなどもされています。

宿泊客をもてなすスタッフがホテルのプールやビーチにいるので、飲み物などもスタッフに頼めばよさそうでした。

しかもSOGOを始めとしたショッピングのできる場所やレストランも併設されています。

ですので、ビーチで太陽を浴びたり、ホテルの前のプールで子供と遊んだり、近くのレストランで食事したりと、生活がすべてエリア内で完結するようにできています。

ですので、安全にバカンスを満喫するにはすごくおすすめな場所かと思います。ですが、ローカルな空間とは隔絶されているすごく特殊な場所だとも思います。

実際に、裕福そうな西洋人が子連れで楽しんでいるのが多く見受けられました。長期で休暇を楽しむにはとてもいい場所です。

ちなみに、マリンスポーツのエリアとは別なのでここに宿泊せずともマリンスポーツは問題なくできます。

まとめ

同じバリのビーチでもそれぞれ違った特徴があります。ぜひイメージに合った場所を選んでバカンスを満喫して下さい!